お悩み相談|田園都市高血圧クリニック かなえ|たまプラーザ駅南口より徒歩1分の内科・循環器内科

たまプラーザ駅南口 徒歩1分
〒225-0003 神奈川県横浜市青葉区新石川3丁目15-3 2F
アイコン045-913-0505
LINEで予約
オンライン診療
ヘッダー画像

お悩み相談

お悩み相談|田園都市高血圧クリニック かなえ|たまプラーザ駅南口より徒歩1分の内科・循環器内科

相談内容

高血圧のクリニックですが花粉症とかでも受診できすか? 高血圧ではありません。薬が欲しいです。

米山先生からの回答

はい。高血圧のクリニックですが花粉症も受診できます。何でもご相談ください。

院長。

 

花粉症の症状は、

水のような「鼻水」

繰り返す「くしゃみ」

「鼻づまり」が3大主徴です。

 

花粉症における鼻のケア

  • 体液に近い組成の市販の生理食塩水を利用した鼻の洗浄
  • 白色ワセリンで鼻の粘膜の保護
  • 室内の加湿
  • マスク(花粉を吸い込む量を少なくしたい)

花粉症における目のケア

  • 市販の人工涙液を利用した目の洗浄
  • 目の疲労の回避(長時間にわたりテレビやスマホを見ない)
  • 1時間見続けたら15分間程度の目の休憩

 

花粉症の薬

  • 抗ヒスタミン薬

    鼻水や、くしゃみ、かゆみに有効です。

    フェキソフェナジン、ベポタスチン、オロパタジン、レボセチリジン、エピナスチン、エバスチン、ニポラジン、ルパフィン、デザレックス、ビラノアがあります。

  • ステロイド薬と抗ヒスタミン薬の合剤(セレスタミン)

    抗炎症作用が強く、他の薬では抑えられない重症の場合に用いられます。

  • 抗ロイコトリエン薬

    鼻粘膜の炎症や鼻づまりを引き起こす「ロイコトリエン」の働きを阻害する薬です。眠気などの症状も少ないです。

    ☆プランルカスト、モンテルカストがあります。

  • 漢方薬(小青竜湯)

    抗ヒスタミン薬で起こりやすい眠気などの副作用がありません。

院長があなたのお悩みにお答えします。どんな相談でもしていただけるように、相談窓口をもうけました。