医師紹介|田園都市高血圧クリニック かなえ|内科・循環器内科|たまプラーザ・あざみ野

〒225-0003神奈川県横浜市青葉区新石川3丁目15-3 2F
Tel.045-913-0505
ヘッダー画像

医師紹介

医師紹介|田園都市高血圧クリニック かなえ|内科・循環器内科|たまプラーザ・あざみ野

ご挨拶

米山喜平(よねやま きへい)

院長の心臓一筋20年、ウエイトリフティング日本代表チームドクターの米山喜平(よねやま きへい)です。

僕は誰もが持っている3つのものがありません。 1つ目はまゆ毛です、幼いころ怪我をしました。2つ目は薬指です、中学1年生のとき不慮の事故で切断しました。3つ目は幼いころの写真です。中学3年生のとき火事で家が全焼し思い出のものがありません。高校卒業し、医者になりました。「たくさんの患者さんを治療するぞ」って医療の世界に飛び込みました。

研修医一年目のことでした。私が患者さんに言われた言葉です。「あんた研修医でしょ、あなたじゃない、経験ある先生を呼んできて!!」。それが僕の医者人生の始まりでした。私は悔しくて、悔しくて、猛勉強をしました。

20年間大学病院に勤めました。狭心症や急性心筋梗塞、心不全、不整脈、脳梗塞、腎不全、血管病、貧血、感染症、救急医療などに携わってまいりました。カテーテル治療で多くの手術を経験しました。元気に回復し退院される患者さんが本当に嬉しかったです。でも一方で、救えない命、治せない病気もたくさん経験しました。重症になってしまった病気を医者は治すことができない、医者の無力さを知りました。

私は、何でも病気を治す実力も、何でも診断できる医者でもありません。優秀な医者でもありません。医者として重要な人間性も持ち合わせていないかもしれません。僕はないものだらけです。

でも、僕は何もないからこそ大切にしていることがあります。

人のせいにしない
自分が何も知らないことを知る
人間性を持ち合わせていないから人間性を大切する
僕は、優秀な医者でないから勉強をする

医療も一緒だと思います。
健康でないと困るから健康を大切にする

循環器疾患、脳疾患、腎臓病、血管病は、いったん重症になると治療することができません。
いったん健康を失ってしまうと、元どおりに改善することは困難です。

高血圧、高コレステロール血症、糖尿病、肥満の段階で適切に治療されることが必要です。私は20年間の大学病院で重症な病気を治せない経験をした結果、重症になる前の治療の方が大事だと考えるようになりました。

厚生労働省の調査によると本邦の高血圧で治療しているのは993万人。通院の患者数は、男女ともダントツ一位が高血圧(歯科治療より、花粉症より、糖尿病より多い)。高血圧は国民病です。

僕は、高血圧を心配する方、高血圧を予防したい健康な方、高血圧で心臓病などになってしまった方、メタボで血圧が上がってしまった方、そんな方のために高血圧のクリニックを開設しました。
たまプラーザは25年住み慣れた愛着のある街です。これまでは大学病院で治療を行ってきましたが、今後は、これまでの経験を活かし地域の方々の健康維持に貢献します。私は、新しい白衣に、袖を通して、ギアチェンジします。どうぞよろしくお願いいたします。
高血圧は症状がないから病院にかかりません。だから、高血圧のクリニックは症状がないからこそ受診するクリニックです。お気軽にご相談ください。

田園都市高血圧クリニックかなえ
 院長米山喜平(よねやま きへい)

経歴

2001年 聖マリアンナ医科大学卒業 循環器内科入局
2008年 聖マリアンナ医科大学内科学(循環器内科)医学博士取得
2009年 Johns Hopkins大学 循環器
2011年 聖マリアンナ医科大学内科学(循環器内科)
2014年 Johns Hopkins大学 循環器
2016年 聖マリアンナ医科大学内科学(循環器内科)講師
2017年 東横病院心臓病センター副センター長
2019年 大学病院臨床検査部副部長
2021年 聖マリアンナ医科大学内科学(循環器内)非常勤講師
  田園都市高血圧クリニックかなえ開設

資格・所属学会

  • 日本循環器学会専門医
  • 日本循環器学会
  • アメリカ心臓病学会

社会貢献活動

  • ウエイトリフティング日本代表ドクター(内科)
  • 世界ウエイトリフティング連盟(IWF)大会公認ドクター
  • 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員・選手医療統括者

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員・選手医療統括者

特許

  1. 「リアルタイム再構成機能(商品名:Realprep)と心電図の情報を組み合わせて撮影条件を決定するCT装置」米山喜平 特許番号第5931642号
  2. 「データ集支援装置、方法およびプログラム」米山喜平 2017年8月特許申請(特願2017-第150402号)

受賞歴(国際学会のみ)

2009年Nuclear Cardiology and Cardiac CT(バルセロナ、スペイン)で、Presenter of a Young Investigator Awardを受賞
2014年日本循環器学会第1回イメージング賞にて優秀賞を受賞「年齢、性別、高血圧の心臓のねじれについて」

代表医学論文

心臓はねじれている!! 高血圧心臓、年齢、男女の心臓のちがいを報告した論文

「心臓はねじれている!! 高血圧心臓、年齢、男女の心臓のちがいを報告した論文です」
Yoneyama K, et al. Circulation. 2012 Nov 20;126(21):2481-90.
DOI: 10.1161/CIRCULATIONAHA.112.093146

どんな健康な心臓が将来、心筋梗塞・心不全を起こすのか?

どんな健康な心臓が将来、心筋梗塞を起こすのか?
どんな健康な心臓が将来、心不全を起こすのか?
すべて記載されております。

科学研究費助成金

日本全国の心臓病入院DPCデータ扱っています。日本人がいつ心臓血管病を発症してるのかを医療統計の技術をつかって予測しています。国立循環器病研究センターセンターと共同で行っております。いつ心臓病が発症するのかを予測できれば事前に介入する方法がわかるかもしれません。

Pubmed

英文の医学論文のみ閲覧可能です。

Google Scholar

英文の医学論文、一部日本語の医学論文が閲覧可能です。

ご挨拶

顧問医 三宅良彦

顧問を拝命しました三宅良彦(みやけ ふみひこ)です。

私の役割は、院長の米山喜平院長を陰で支援することですが、出番はほとんどなさそうです。その理由は、米山院長はこれまで聖マリアンナ医科大学病院と県内の複数の病院において診療を十二分に磨いてきたこと、米国への2度の研究留学によって科学的アプローチをよく理解していること、さらに患者さんの声に寄り添い、患者さんにもっとも好ましい医療を、患者さんとともに探求するこころを有していることです。また米山院長は、大学で講師として医学生の授業を担当し、「ベストティーチャー賞」を受賞するなど教育にも長けております。米山院長が佳き医療を実践されること、間違いありません。

顧問の私は、これらを見守り続けることと心得ております。さらなる発展へのアドバイスが必要となれば(まず、不要と推測されますが)、米山院長にささやこうと備えております。

当院の診療は、患者さん、米山院長と医療スタッフ、関係する方々、すべてのご参加、ご支援によって行われます。よろしくお願い申し上げます。

なお、自己紹介として略歴を記載させていただきます。

田園都市高血圧クリニックかなえ
 顧問医三宅良彦

主な学歴と職歴

1972年 東京慈恵会医科大学卒業
2001年 聖マリアンナ医科大学循環器内科 教授
2008年 同大学病院 病院長
2013年 同大学 学長
2017年 同大学 副理事長、名誉教授

現在の主な社会活動

  • 横浜地方裁判所専門委員(2004年~)
  • (独)医薬品医療機器総合機構(PMDA)専門委員(2004年~)
  • 日本臨床生理学会理事長(2012年~)
  • (公財)川崎市生涯学習財団評議員(2016年~)
  • かわさき市民放送(かわさきFM)非常勤取締役(2018年~)
  • 聖マリアンナ医科大学医師会監事(2019年~)