お悩み相談|田園都市高血圧クリニック かなえ|たまプラーザ駅南口より徒歩1分の内科・循環器内科

たまプラーザ駅南口 徒歩1分
〒225-0003 神奈川県横浜市青葉区新石川3丁目15-3 2F
アイコン045-913-0505
LINEで予約
オンライン診療
ヘッダー画像

お悩み相談

お悩み相談|田園都市高血圧クリニック かなえ|たまプラーザ駅南口より徒歩1分の内科・循環器内科

相談内容

40代女性。前より貧血もひどく、心不全がひどくなっていました。ペースメーカー植込み型除細動器の手術をするかもって言われています。貧血とペースメーカーの治療はどういう病気でどんな治療がありますか?それと、手術するまで気をつけることはありますか?すみませんがよろしくお願いいたします。

 

米山先生からの回答

質問ありがとうございます。複雑でわからないですよね。簡単に説明いたします。

 心不全の貧血の治療は、貧血の原因によって異なります。どのような治療かと申しますと、輸血、鉄剤、赤血球生成刺激剤などがあります。循環器患者で僕がよく用いるメルクマールはHb(ヘモグロビン) 10g/dLです。しかしながら、Hb 7~8 g/dLの方でも様子観察をすることがあります。身体の様子や心臓がそれぞれ異なりますので、担当医が全体を診て治療を考えてくれます。

 ペースメーカの治療も心臓の病気によって異なります。①脈が極端に遅くなってしまう時にペースメーカを使ったり、②心臓の機能が悪い時にペースメーカを使ったります。また、③不整脈が出そうな心臓には、植え込み型除細動器を使います。心臓によっては、①+②の機能を持つペースメーカであったり、②+③のペースメーカであったり、①+③のペースメーカというように様々なパターンを選択することができます。それぞれ心臓が異なりますので、担当医が全体を診て適切なペースメーカ治療を考えてくれます。どうかご安心ください。

手術まで気をつけることは、いつも担当医に指導されていることを継続ください。「私は手術が必要なんだ」と治療を受ける心構えをすることも大切だと思います。

質問ありがとうございました。不安が少しでもとれますように。院長

院長があなたのお悩みにお答えします。どんな相談でもしていただけるように、相談窓口をもうけました。